ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

なりすまし詐欺の防止のために

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月24日掲載

なりすまし詐欺防止装置贈呈式の様子
2019年9月24日撮影

9月24日、東邦銀行喜多方支店 吉田支店長と檜原郵便局 穴澤局長が市役所を訪れ、喜多方地区金融防犯協会の取り組みとして、喜多方地区防犯協会連合会に対し「成りすまし詐欺被害抑止装置」を5台寄贈し、遠藤市長が受け取りました。

なお、この取り組みは、平成26年度から毎年実施されており、計30台寄贈いただいております。
吉田支店長は、「毎年の小さい取り組みですが、啓発になれば」と話しました。

喜多方地区防犯協会連合会では、喜多方警察署を通じ、高齢者世帯へ無償で貸し出す予定です。
申し込みなどの問い合わせは、喜多方警察署(22)5111まで連絡してください。

なりすまし詐欺防止装置


このページの先頭へ