ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平和を祈念する日

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月15日掲載

花園公園の忠霊塔
2019年8月15日撮影

1945年から74年目の今日15日の正午、花園公園の忠霊塔で「戦没者を追悼し平和を祈念する日」の行事が行われ、遺族会の関係者らが出席されました。
この忠霊塔には、日清戦争からの戦没者1,064柱が合祀されていると言われています。

じっとしていても汗が流れる暑い日でしたが、台風10号の影響でしょうか、時折強く風が吹きます。
サイレンの合図で黙とうし、遠藤市長が式辞を述べ、市議会議長らが追悼のことばを述べました。

今の私たちが享受している平和と繁栄は、戦没者の犠牲の上に築かれました。
しかし、世界では、今なお戦争や紛争が起きています。
再び戦争の惨禍が起ることのないよう、恒久平和を願い、全世界の人々が平和に暮らせるよう誓いを新たにしました。

黙とうする出席者


このページの先頭へ