ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市のプロフィール > トピックス > 9月は「認知症と共に生きる」を考える強化月間です

9月は「認知症と共に生きる」を考える強化月間です

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日掲載

市民ホールでのパネル展示1

2017年9月1日撮影

9月21日の世界アルツハイマーデーにあわせ、市では毎年9月を「認知症と共に生きる」を考える強化月間と定め、認知症カフェ・認知症への理解を深める講演会・認知症サポーター養成講座など、さまざまな取り組みを行っています。

市役所本庁舎市民ホールにグループホームなどで開催された「認知症カフェ」の様子をパネル展示しましたので、どうぞご覧ください。(9月29日金曜日まで展示しています)

パネル展示の様子2

「認知症カフェ」とは、お茶を飲みながら、悩みや情報を交換する集いの場のこと。
悩みを打ち明けると、気持ちも軽くなりますよ。ぜひ、参加してみませんか。
日程など詳しくはこちらのページをご覧ください。

みんなの力で「ロバ隊長」をつくろう!
ロバ隊長のパネル
オレンジ色の花を、認知症サポーターマスコット「ロバ隊長」に付けてあげてね。
オレンジ色の花は、「ロバ隊長」付近にあります。

その他の認知症に関する取り組みはこちらをご覧ください。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)