ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建築住宅課 > 塩川および山都総合支所庁舎建設基本設計業務プロポーザル第二次審査結果について

塩川および山都総合支所庁舎建設基本設計業務プロポーザル第二次審査結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月28日掲載
 喜多方市では、塩川および山都総合支所庁舎建設基本設計業務プロポーザルの第二次審査におけるプレゼンテーションおよびヒアリングを、平成27年12月25日、市役所において行いました。
 当日は、第一次審査通過者が、それぞれ技術提案書などについて説明し、その内容について審査委員によるヒアリングが行われました。
 その後の審査委員会において、提出された技術提案書などに加えて、プレゼンテーションおよびヒアリングの内容について総合的に審査した結果、次のとおり最優秀者および次点者が選定されました。

塩川総合支所庁舎建設基本設計業務プロポーザル

○ 最優秀者  株式会社 田畑建築設計事務所

○ 次点者    株式会社 綜企画設計 福島支店


 最優秀者 技術提案書 [PDFファイル/706KB]

山都総合支所庁舎建設基本設計業務プロポーザル

○ 最優秀者  株式会社 山下設計 東北支社 福島事務所

○ 次点者    株式会社 ティ・アール建築アトリエ


 最優秀者 技術提案書 [PDFファイル/3.59MB]


● プロポーザルについて
 プロポーザルは、建築物の設計者を選定するための手法のひとつで、その事業に最も適している能力や経験などの資質を併せ持つ「設計者(人)」を選定する手法です。
 そのため、プロポーザルでは、設計者(提案者)から課題に対する提案や業務の実施方針などをまとめた技術提案書などを提出してもらい、その内容について審査委員会において公正に評価し、その建築物を設計するのに最も適した設計者を選定します。
 したがって、実際の設計内容は、選定された設計者と委託者側との十分な協議によりまとめていくこととなります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)