ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住まい・交通 > 空き家 > 喜多方市空家等対策計画を策定しました
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 施策・計画 > 市の計画 > 喜多方市空家等対策計画を策定しました

喜多方市空家等対策計画を策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月29日掲載

 平成27年5月に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が全面施行されました。空き家は、市内だけではなく、全国的に増加傾向にあり、特に適切な管理が行われていない空き家が、周辺地域に悪影響を及ぼしています。

 本市では、平成27年4月「喜多方市空家等対策基本方針」を策定し、平成28年3月に「喜多方市空家等対策協議会条例」を制定し、喜多方市空家等対策協議会での協議を経て、喜多方市空家等計画(案)のパブリックコメントを平成29年2月に実施後、「意見が無かったため」、平成29年3月に喜多方市空家等計画を策定しましたので公表します。

 今後、市では、「喜多方市空家等対策計画」に基づき、空き家対策に取り組み、安全で快適な住みよいまちを目指します。

建物の適正な維持管理を行いましょう!

建物の維持管理を怠ると災害・事故の引き金になることもあります。事故などが起きる前に、早めの対応を!

  • 定期的に建物や庭木の状況を確認しましょう。
  • 建築の専門家に相談して、修理・改善をしましょう。
  • 老朽の著しい建物については、建築の専門家や解体業者に相談し、撤去処分を検討しましょう。
  • 土地、建物の賃貸、売却をお考えの際は、不動産業者に相談しましょう。

その他、空き家に関する相談・お問い合わせは建築住宅課までご連絡ください。

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)