ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・環境・エネルギー > 景観 > 景観法に基づく届出が必要な行為・届出手続きの流れ

景観法に基づく届出が必要な行為・届出手続きの流れ

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

 建築物、工作物、開発行為・水面の埋立または干拓、土地の開墾・土石の採取・鉱物の採掘その他土地の形質の変更、屋外における土石、廃棄物、再生資源その他の物件の堆積に係る行為を行う場合は、規模に応じて届出が必要になります。

景観法に基づく届出が必要な行為
届出対象行為届出が必要な規模
建築物新築または移転高さ10m超または建築面積500m2超
増築若しくは改築、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替または色彩の変更上記に掲げる規模の建築物において、左記行為に係る床面積または面積の合計が10m2超
工作物新設、移転1 擁壁、垣(生垣は除く)、さく、塀類高さ5m超
2 鉄筋コンクリート柱、鉄柱、木柱類高さ10m超
3 煙突、排気塔類
4 電波塔、物見塔、風車類
5 電線路、有線電気通信線路等の支持物高さ20m超
6 広告塔、広告板類高さ10m超または表示面積の合計15m2超
7 高架水槽、冷却塔、パラボラアンテナ類高さ10m超または築造面積1,000m2超
8 観覧車、ジェットコースター、メリーゴーラウンド等の遊戯施設類
9 コンクリートプラント、アスファルトプラント等の製造施設類
10 自動車の立体駐車場施設
11 石油、ガス、穀物、飼料等の貯蔵施設
12 ごみ処理施設、し尿処理施設、汚水処理施設類
13 彫像、記念碑その他これらに類するもの
増築若しくは改築、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替または色彩の変更上記1~13までに掲げる規模の工作物において、左記行為に係る築造面積または面積の合計が10m2超
開発行為面積3,000m2超または
法面の高さ5m超かつ延長10m超
その他土地の開墾、土石の採取、鉱物の掘採その他の土地の形質の変更面積3,000m2超
法面の高さ5m超かつ延長10m超
屋外における土石、廃棄物、再生資源その他の物件の堆積高さ3m超または
堆積の用に供される土地の面積500m2超
水面の埋立てまたは干拓面積3,000m2超または
法面の高さ5m超かつ延長10m超

届出手続の流れ

 景観法に基づく届出に先立ち、市では届出審査の円滑化を目的に構想、計画段階で行為の内容について事前協議をしていただくことにしております。
 大規模建築物等を計画の際はお気軽にお問い合わせください。

届出手続きの流 れ[PDFファイル/116KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)