ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

優良宅地認定制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

優良宅地認定制度とは

 優良宅地認定制度とは、良好な宅地の円滑な供給を図る観点から、優良な宅地等の供給に資する土地の譲渡については、租税特別措置法において短期土地譲渡益重課の適用除外または特定長期譲渡所得課税の特例の適用の対象などが定められ、重課の免除や税率の軽減を受けることができます。
 ただし、公共施設や給排水施設等の技術的基準が定められていますので、それらの基準に適合している必要があります。

適合証明書の交付について

 証明書の交付を申請する場合は、開発面積により手続が異なります。

1.開発面積が1,000m2未満の場合

 造成工事が完了した後に、基準に適合していれば、その旨の証明書を交付します。

2.開発面積が1,000m2以上の場合

 造成工事に着手する前に、当該工事が優良な宅地の供給に寄与するものであることの認定をして、工事完了後に検査を行い、設計どおりの造成がなされていれば、その旨の証明書を交付します。

適合証明書の交付について

優良宅地の認定には、申請手数料が掛かります。
造成面積により、金額が違いますので詳しくは担当までお問い合わせください。