ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

制限付一般競争入札について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月10日掲載

 本市では、競争入札に付する案件について、そのほとんどを制限付一般競争入札により実施しております。
なお、制度の詳細につきましては、「喜多方市制限付一般競争入札制度の手引き」をダウンロードの上、ご覧ください。

喜多方市制限付一般競争入札制度の手引き

喜多方市制限付一般競争入札制度の手引き [PDFファイル/354KB]
平成29年7月7日、郵便入札における外封筒の記載方法について変更いたしました。(お知らせ [PDFファイル/33KB]
なお、平成29年7月7日現在で既に公告済みの案件については修正の必要はありません。

入札参加前に提出する書類

※入札参加申請書は郵送でも受付けます。受領書の返信を希望する場合は、宛名を記載した返信用封筒(切手貼付のこと)を同封してください。(返信用封筒が同封されていない場合、受付しますが受領書の返信は致しません。)

入札終了後について

 本市では、開札後、最低価格(最低制限価格を設けた場合は、最低制限価格以上の価格のうち最低価格)で入札した者から第3順位者までの入札参加者の入札金額および入札参加者名を開札の場において読み上げ、落札候補者として決定します。
 開札後、速やかに落札候補者の入札参加資格の確認を行う「事後審査」を行い、最低価格の落札候補者が当該入札参加資格要件を満たしていないときは、順次落札候補者の入札参加資格の確認を行います。

入札終了後の提出書類(事後審査資料)

建設工事

  1. 建設業ア 建設業の許可書の写し
    【支店・営業所等であれば、支店等での許可の内容が分かるものの写し】
  2. 同種工事の施工実績調書 [Wordファイル/41KB](様式第6号の1)
  3. 配置予定技術者調書(建設工事用) [Wordファイル/43KB](様式第7号の1)
  4. 配置予定技術者の恒常的雇用(3ヶ月以上)を確認できる書類【社会保険証等の写し】
  5. 経営規模等評価結果通知書総合評定値通知書の写し
  6. 納税証明書またはその写し(納税証明書についてをお読みください)

※2.同種工事の施工実績調書については、必要と認める場合に提出を求めます。
※入札案件により、上記以外の関係書類の提出を求める場合があります。

測量・設計コンサルタント業務

  1. 測量または設計コンサルタント業務の登録証の写し
  2. 同種業務の施工実績調書 [Wordファイル/41KB](様式第6号の2)
  3. 配置予定技術者調書[Wordファイル/44KB](様式第7号の2)
  4. 納税証明書またはその写し(納税証明書についてをお読みください)

※2.同種業務の施工実績調書については、必要と認める場合に提出を求めます。
※入札案件により、上記以外の関係書類の提出を求める場合があります。

財産の買入れ、物件の借入れ、役務の提供、その他の請負契約

  1. 許可等の写し(その業務を履行するために許可等が必要な場合のみ)
  2. 同種業務の施工実績調書 [Wordファイル/41KB](様式第6号の2)
  3. 定款の写し(業務目的が確認できるもの、法人のみ)
  4. 納税証明書またはその写し(納税証明書についてをお読みください)

※2.同種業務の施工実績調書については、必要と認める場合に提出を求めます。
※入札案件により、上記以外の関係書類の提出を求める場合があります。

納税証明書について
  • 納税証明書については、各事業者に係る全ての市税目(国民健康保険税を除く)の直近1年分の証明です。
    (法人市民税、市県民税特別徴収、固定資産税、軽自動車税)
  • 法人市民税については、決算日の都合により今年度分が発生していない場合は、前年度分の証明書を提出してください。
  • 入札日から遡って1カ月以内に発行されたものを提出してください。
  • 納税証明書発行に際して、納期限直前に納入された税目がある場合は、お手数ですが領収書を持参のうえ、税務課窓口へ申請してください。
  • 本社または本店が納税義務者となっている場合で、支社または支店の社員の方が納税証明書を申請する場合は、本社または本店の代表者の申請書または、委任状が必要となります。

  その他、納税証明書に関することは税務課までお問い合わせください。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word など、Word 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。