ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・環境・エネルギー > 野生動物 > 冬眠明けのクマに注意してください。
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災 > 冬眠明けのクマに注意してください。

冬眠明けのクマに注意してください。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月21日更新

クマ注意

冬眠から目覚めて活動を始める時期になります。春の山菜採りで山に入る時や山間部において朝晩の薄暗い時間帯での農作業には、特に注意してください。

 

■ 今までクマが出没したことがある場所には、近づかない。

■ クマ鈴、ラジオなどの大きな音が出るものを身につける。

■ 天気が悪い日は、視界がきかないので注意する。

■ 子グマを見かけたら、静かに立ち去る。

■ クマのフンや足跡を見つけたら、引き返す。

■ 笹やぶや杉林など周囲が見渡せない場所には、不用意に立ち入らない。

■ 生ごみを捨てたり、農作物等の残渣は、誘引物になるので放置しない。

 

クマの目撃または痕跡を見かけたときは、行政区長さんを通じて、環境課環境推進係、または各総合支所住民課までご連絡ください。

 

 

環境省で作成した「クマ類出没対応マニュアル」も参考にしてください。

http://www.env.go.jp/nature/choju/docs/docs5-4a/index.html<外部リンク>