ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・環境・エネルギー > ごみの分別と出し方 > 銃、未使用弾薬、不発弾などの危険物を発見したら
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・安全 > 安全 > 銃、未使用弾薬、不発弾などの危険物を発見したら
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・環境・エネルギー > 環境 > 銃、未使用弾薬、不発弾などの危険物を発見したら

銃、未使用弾薬、不発弾などの危険物を発見したら

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

 平成16年5月12日、ごみ処理場の環境センター山都工場不燃ごみ処理施設で不発弾が発見されました。
ごくまれに、蔵や倉庫などから、このような不発弾、未使用の弾薬、未登録銃などが発見されることがありますが、そのまま保管したり他人に譲ったり、ごみに出したりすることは禁止されています。
このようなものを発見した場合、警察へ届け出ることが必要です。最寄りの警察署にご相談ください。不発弾などが、知らずに家にあったとしても、適切に届け出をすれば罪に問われることはありません。
爆発する可能性のある場合もありますから、むやみにいじったり、移動させたりしないでください。

不発弾、未使用弾薬、未登録銃などの問い合わせは、喜多方警察署 0241-22-5111