ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農泊を開業してみませんか

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

やってみませんか? 「農泊」

農泊とは…

母屋を活用した例

都市の人々が、農家の生活を体験し、その土地の生きる知恵を学び、楽しさを伝えるために、農村の人々との交流を主体とした宿泊のことで、「農家民泊」「農村民泊」などとも呼ばれ、遠い親戚が来たような素朴な受入れが、全国でも大きな注目を集め、大変人気があり、これからのグリーン・ツーリズムの中心となることが期待されています。

農泊の基本的なスタイル

離れを活用した例

  • 客室1~2室(6畳間、8畳間)、定員3名~7名
  • 「素泊まり型」 旅館業法の許可のみ
  • 「宿泊+体験調理」 旅館業法の許可のみ
  • 「宿泊+食事提供」 旅館業法と食品衛生法の許可

※食品衛生法の許可はシンクの大きさ等の条件があります。

農泊における規制緩和

保健所による実地検査

  • 客室面積が20畳(33平方メートル)未満の場合、旅館業法、消防法、建築基準法等の法令が緩和され、現状のままの家屋で旅館業法の許可が取得可能となりました。
  • 平成17年4月1日から旅館業法施行条例が改正となり農泊が開業しやすくなりました。(トイレは水洗でも汲み取りでも可能です。)