ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > イベント > イベント情報 > 新しい生活様式を取り入れた首都圏物産展「蔵と酒のまち 喜多方グルメ展」を開催しました

新しい生活様式を取り入れた首都圏物産展「蔵と酒のまち 喜多方グルメ展」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月28日掲載

埼玉県さいたま市で安心安全な喜多方産品のPRと風評払しょくに取り組みました!

 7月24日(土曜日)、25日(日曜日)の2日間、埼玉県さいたま市の「まるまるひがしにほん 東日本連携センター」において、新しい生活様式を取り入れた物産展「蔵と酒のまち 喜多方グルメ展」を開催しました。

蔵と酒のまち喜多方グルメ展の様子

 この「蔵と酒のまち 喜多方グルメ展」は、今年度、市が実施している「コロナに負けない!」新しい喜多方観光・物産PR事業の一環として開催したもので、ポストコロナ社会を見据えた新しい観光・物産振興を図るため、首都圏等のイベントスペースにおいて、現地のスタッフ、宣伝販売促進員が本市の物産販売や観光PRを行う「新しい生活様式を取り入れた物産展」です。
 今回の物産展では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場時の検温やアルコール消毒の徹底、会場内での試食、試飲を行わないなど、感染防止対策を徹底しての開催となりました。

 市内からは20を超える事業所にご協力いただき、喜多方ラーメンや喜多方産の新鮮野菜をはじめ、喜多方で生産、加工された日本酒、味噌、醤油、菓子類など様々な商品を出品したところ、2日間で8,000人を超える入館があり、盛況のうち物産展は幕を閉じました。

蔵と酒のまち喜多方グルメ展の様子

 出品いただきました事業者の皆様、ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
 次回は、開催会場は未定ですが、秋頃に開催を予定していますので、お楽しみにお待ちください!


このページの先頭へ