ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 暮らしのできごと > 子育て > 平成29年度喜多方市高齢者肺炎球菌ワクチン接種について
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > 予防接種 > 平成29年度喜多方市高齢者肺炎球菌ワクチン接種について

平成29年度喜多方市高齢者肺炎球菌ワクチン接種について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月3日掲載

 過去に一度も高齢者肺炎球菌ワクチンの接種を受けたことがない特定の年齢に達する希望者に予防接種を実施します。

 肺炎球菌による肺炎は、成人肺炎の25~40%を占め、特に高齢者で重症化しやすいといわれています。肺炎球菌は、肺炎、中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎、髄膜炎などを起こす細菌の一種です。肺炎球菌には、90種類以上の型がありますが、そのうち23種類に対して免疫をつけることができるワクチンです。肺炎球菌ワクチンは、肺炎のすべてを予防するワクチンではありませんが、接種することによって、重症化防止などの効果が期待されます。

 なお、この予防接種は受けることが義務付けられたものではなく、予防接種による効果や副反応等をよく理解した上で、ご自分の意思と責任で接種を希望した方に行います。

対象者

 過去に一度も高齢者肺炎球菌ワクチン接種を受けたことのない下記該当年齢の方です。(本市に住民票があること。)

 下記該当年齢の方(対象者には平成29年4月に個別通知をしています。)

  • 65歳(昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生まれ)の方
  • 70歳(昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生まれ)の方
  • 75歳(昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生まれ)の方
  • 80歳(昭和12年4月2日~昭和13年4月1日生まれ)の方
  • 85歳(昭和 7 年4月2日~昭和 8年4月1日生まれ)の方
  • 90歳(昭和 2 年4月2日~昭和 3年4月1日生まれ)の方
  • 95歳(大正11年4月2日~大正12年4月1日生まれ)の方
  • 100歳(大正6年4月2日~大正  7年4月1日生まれ)の方

 60歳以上65歳未満の、心臓・腎臓・呼吸器の機能障がいおよびヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能証がいで、身体障害者手帳1級相当である方(他の障がいで手帳所持は不可。)該当する希望者は下記までお申し込みください。

接種期間

 平成29年4月1日から平成30年3月31日

使用ワクチンと接種方法

 23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン  接種量は0.5ml/回 皮下または筋肉内に1回接種

実施医療機関

 下の実施医療機関をクリックしてご確認ください。

 平成29年度喜多方市高齢者肺炎球菌予防接種実施医療機関 [PDFファイル/237KB] 

接種料金

 接種期間内の自己負担はありません。

注意事項

 過去に高齢者肺炎球菌ワクチンを接種した方が再度接種した場合、強い副反応が出る危険性があります。注射部位がひどく痛む、赤く腫れ上がる、ひどく硬くなる等を起こす頻度が高く程度が強く発現することがあるといわれていますので、接種を希望する方は過去の接種について事前によく確認してください。


 不明な点がありましたら下記問い合わせ先までお尋ねください。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)