ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

臓器提供に関する意思表示Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

臓器提供に関する意思表示Q&A

(Q1)被保険者証の裏面に臓器提供の意思表示欄を設けたのはなぜですか?

  臓器の移植に関する法律の一部を改正する法律(平成21年法律第83号)によって改正された臓器の移植に関する法律(平成9年法律第104号。以下「改正臓器移植法」という。)第17条の2において、「国および地方公共団体は、国民があらゆる機会を通じて移植医療に対する理解を深めることができるよう、移植術に使用されるための臓器を死亡した後に提供する意思の有無を運転免許証および医療保険の被保険者証等に記載することができることとする等、移植医療に関する啓発および知識の普及に必要な施策を講ずるものとする。」とされたため、改正臓器移植法の趣旨を踏まえ、被保険者証に臓器提供の意思表示欄を設けました。

(Q2)必ず臓器提供に関する意思を、意思表示欄に記入する必要があるのですか?

 意思表示欄に臓器提供に関する意思を記入することは、被保険者等の任意ですので、必ずしも意思表示欄に記入する必要はありません。

(Q3)「特記欄」には何を記入するのですか?

 意思表示欄の1か2に○をした方で、皮膚、心臓弁、血管、骨などの組織も提供してもよい方は、「すべて」あるいは「皮膚」等から選んで記入できます。
また、親族への優先提供を希望される方は、親族への優先提供が行われる場合の留意事項等を御理解の上、「親族優先」と記入できます。詳しくは(社)日本臓器移植ネットワークのホームページをご覧ください。

(Q4)臓器提供の記載内容を変更したいのですが、被保険者証は再交付できますか?

 臓器提供の記載内容を変更する理由による被保険者証の再交付はいたしませんのでご了承ください。
なお、被保険者証等に記載した意思を変更する場合は、既に記載した意思に二重線を引くなどしたうえで、新たな意思を表示するか、臓器提供意思表示カード等被保険者証以外の書面をご活用してください。
 また、臓器提供意思表示カードは、保健課(本庁舎1階)、または各総合支所住民課の窓口に置いてありますので、お手数ですが取りにお越しください。

(Q5)臓器提供意思表示カードを持っている場合でも、被保険者証に記入する必要がありますか?

 既にお持ちの意思表示カードも有効ですが、日頃携帯される被保険者証にも記入をお願いします。なお、被保険者証と意思表示カードで異なる意思表示があった場合、最も日付の新しいものが有効な意思表示として取り扱われます。

(Q6)「家族署名」は何のために行うのですか?

 被保険者が、臓器提供の意思があるということを家族に伝えることを目的として行うために、意思表示欄に家族署名欄が設けられております。なお、改正臓器移植法では、家族署名は意思表示の有効性の用件とされておらず、また「家族」について厳密な定義はないため、家族署名の記載がなくても意思表示は有効です。
※ご不明な点につきましては、社)日本臓器移植ネットワークのホームページhttp://www.jotnw.or.jp<外部リンク>をご覧ください。