ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

退職者医療制度・高齢受給者証

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

国民健康保険退職者医療制度とは

 平成26年度までに長い間会社などに勤め、厚生年金や共済年金を受けられる方が退職して国保に加入した場合は、その方とその被扶養者は「退職者医療制度」の対象となり、65歳まではこの制度でお医者さんにかかることになります。
 この制度の対象となる方の医療費の給付は、国保税のほかに社会保険などからの拠出金が財源となっております。しかし、制度の対象となっているのにもかかわらず届け出されない場合、拠出金で負担すべき医療費まで国民健康保険が負担することとなり、保険税の増大につながる可能性があります。
 安定した国民健康保険運営のため、退職者医療制度の対象となる方は届け出をお願いします。

退職被保険者(本人)となる方

  1. 国保に加入している65歳未満の方(平成26年度までに加入した方に限る)
  2. 厚生年金・共済年金等を受給している方で、その加入期間が20年以上、または40歳以降の加入期間が10年以上ある方

上記に該当すると思われる方は、次の書類等を持参のうえ、届け出をお願いします。

持参するもの

  • 「該当すると思われる方の保険証」
  • 「下記の退職被保険者等届」
  • 「年金証書」
  • 「印かん」
  • 「身分証明書(運転免許証等)」

手続き先

 「保健課国保医療係」 または 「各総合支所住民課市民サービス班」

退職被扶養者となる方

  1. 退職被保険者(本人)によって生計が維持され、喜多方市国民健康保険に加入している65歳未満の方(平成26年度までに加入した方に限る)
  2. 退職被保険者と同一世帯の家族で、配偶者(内縁も含む)、配偶者の父母と子、または3親等内の親族であること
  3. 年間の収入が退職被保険者の収入未満であり、次のいずれかの年齢区分による収入であること
退職被扶養者となる方
年齢区分年間の収入
60歳以上65歳未満の方

180万円未満

60歳未満の方

130万円未満

60歳未満で障がいのある方

180万円未満

上記に該当すると思われる方は、次の書類等を持参のうえ、届け出をお願いします。

持参するもの

  • 「該当すると思われる方の保険証」
  • 「下記の退職被保険者等届」
  • 「国保加入者で65歳未満の方の年金証書」
  • 「印かん」
  • 「身分証明書(運転免許証等)」
  • 「非課税所得(※)のある方はその収入がわかる書類」

 ※遺族年金、障がい年金、失業手当等の課税されない所得

手続き先

「保健課国保医療係」 または 「各総合支所住民課市民サービス班」

国民健康保険高齢受給者証

 70歳から74歳までの被保険者には「国民健康保険高齢受給者証」が交付されます。受給者証は、70歳の誕生月の翌月(1日生まれの方は誕生月)から利用することができ、保険証と一緒に提示することで、自己負担割合1割(誕生日が昭和19年4月1日までの方)、自己負担割合2割(誕生日が昭和19年4月2日以降の方)、自己負担割合3割(現役並み所得者)で医療機関を受診することができます。
 また、所得区分の判定を行うため、毎年8月に更新となります。新しい受給者証は7月下旬に発送しますので8月以降は新しい受給者証をご利用ください。

これから70歳の誕生日を迎えられる方

 受給者証は該当する月の前月末までに郵送しております。
 (例)4月2日生まれの方は4月末までに郵送し、5月1日から利用できます。

75歳の誕生日を迎えられる方

 高齢受給者証の有効期限は、毎年7月31日までとなっておりますが、75歳の誕生日を迎えられる方は後期高齢者医療制度に移行するため、誕生日の前日までとなっております。
詳細は下記の「高齢受給者証のご案内」をご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)