ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > 衛生 > 知ってる?国保医療費のこと 

知ってる?国保医療費のこと 

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月2日掲載

シリーズ1 特定健診

市の医療状況

表1は、医療費などについて、市と同規模である他市の平均を比較したものです。

 喜多方市同規模市平均
表1 医療概況 ※人口1,000人当たり
外来患者数(件数割合)642.3(96.2%)688.2(97.2%)
費用の割合53.2%59.3%
入院患者数(件数割合)25.4(3.8%)19.8(2.8%)
費用の割合46.8%40.7%
一人当たり医療費27,227円25,581円
特定健診受診率36.4%(県内57位)39.5%

医療機関の外来患者数と費用割合は低い状況ながら、入院患者数と費用割合は、高いことがわかります。
さらに、一人当たりの医療費も約1600円高い状況です。
以上のことから、症状が悪化した後に医療機関を受診し、入院している方が多いと推測されます。

高額・長期入院の医療状況

表2を見ると、月100万円以上の高額疾患のうち「虚血性心疾患」と、長期入院となる疾患のうち「脳血管疾患」は医療費全体額の1割を超えているのがわかります。
また、人工透析患者は、糖尿病性腎症が、5割を超えている状況です。
これらは生活習慣病の重症化した疾患が多くを占めています。

 

医療費

全体額

生活習慣病が悪化した疾患
脳血管疾患虚血性心疾患糖尿病性腎症
表2 高額・長期入院の医療費
費用額

高額疾患

(100万円以上)

7億5,745万円4,611万円8,466万円

長期入院となる疾患

(6ヵ月以上)

5億245万円6,824万円2,522万円

人工透析患者

(長期化する疾患)

2億2,809万円3,354万円6,494万円

1億2,579万円

「平成28年国保データベース(KDB)システム」より

本当に怖い、生活習慣病

生活習慣病は、自覚症状がほとんどないまま、ひそかに進行していきます。
そのため、症状が出た時には、すでに重症化している怖い病気です。
しかし、早期に発見し生活習慣を改善することで、重症化を防ぐことができます。

特定健診を受診して体の状態を確認しよう!

生活習慣病を早期に発見するためには、健診を受診することが大切です。
40歳を過ぎたら、特定健診を必ず受診しましょう。健診の結果から、糖尿病・高血圧・脂質異常症を把握し、重症化を予防することができます。

年1回の受診が、皆さんの健康を守ります!


このページの先頭へ