ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

風しん抗体検査を助成します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日掲載

喜多方市では、先天性風しん症候群予防のための対策の一環として、下記により公費助成を行います。
対象の方で、検査や接種をされた方は早めの手続きをお願いします。

 ※抗体検査の結果、抗体価が低い(予防接種の推奨基準相当)場合、任意予防接種についても助成します。 

対象者  喜多方市に住民登録のあること、過去に助成を受けた方は対象外

  1. 妊娠を予定または希望している女性
  2. 上記1の夫および妊婦の夫(入籍前可)

上記1または2に該当の方の風しん抗体検査を助成します。
また、抗体検査の結果、抗体価が
下記「予防接種の推奨基準」の基準相当にある場合には、助成対象として予防接種を受けることができます。
抗体検査の結果、抗体価が基準値を超え十分と判断される場合は、抗体検査のみを助成します。

※ただし、妊婦健診や職場健診等で抗体検査を受けたことがあり、その結果、抗体価が下記「予防接種の推奨基準」の基準相当にあることが判明している場合は、任意接種に係る費用についての助成(抗体検査不要)をします。
申請手続きの際、過去の検査結果(健診結果の写しや母子健康手帳への記載等でも可)が必要となります。

予防接種の推奨基準

  1. HI法の場合抗体価が32倍未満(16倍以下)
  2. EIA法の場合EIA価8.0未満または国際単位301U/ml未満

※上記1または2であることが確認された場合および検査結果が医師の判断で、基準に準じた予防接種を必要とする場合、任意予防接種も助成します。

助成額  ※医療機関へは一旦全額お支払いください。なお、助成は各々1人1回のみ

*風しん抗体検査⇒自己負担額1,000円を差し引いた額を助成

*抗体検査結果により受けた風しんまたは麻しん風しん混合ワクチン⇒自己負担額1,000円を差し引いた額を助成

実施期間  ※申請はお早めに

平成31年4月1日~令和2年3月31日  

請求の申請手続きは令和2年4月5日まで(郵送の場合4/5必着)

実施場所  ※抗体検査や接種の料金は医療機関により異なります

指定医療機関はありません。喜多方市以外の医療機関で接種を受けた場合も助成します。
原則として、 抗体検査と予防接種は同一医療機関とします。

予防接種委託医療機関一覧 [PDFファイル/188KB]

※指定医療機関は特にありません。上記予防接種委託医療機関以外でも実施可能な医療機関で受けられます。

※実施の有無や受付時間及び料金等は、事前に医療機関にお問い合わせのうえ受診願います。

※抗体検査料金やワクチン接種料金、または抗体検査の方法は医療機関によって異なります。

注意事項  ※妊娠中の接種不可、接種前1か月と接種後2か月程度の要避妊

対象の方で、過去に風しん予防接種を受けたことがない場合や過去にかかったことがない場合も、まずは抗体検査から受けてください。

助成金受取りまでの流れ

助成金受取りまでの流れ [Wordファイル/37KB]

風しん抗体検査及び任意予防接種費用助成金申請書兼請求書 [PDFファイル/187KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word など、Word 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。


このページの先頭へ