ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

風しん注意報発令!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月21日掲載

30~50歳代の男性を中心に感染が広がっています。

風しんとは

風しんウィルスによっておこる急性の発疹性感染症です。

※麻しん(はしか)に似た症状があり、麻しんより軽くすむことから「三日はしか」と呼ばれることもありましたが、麻しんとは別の感染症です。

潜伏期間

2~3週間(平均16~18日)

主な症状

発熱、発疹、リンパ節の腫れがみられます。
免疫の無い女性が、妊娠20週頃まで(特に妊娠初期)に風しんにかかると、赤ちゃんにも感染して、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気がある、発達がゆっくりしているなど、先天性風疹症候群(CRS)と総称される障がいを起こすことがあります。

感染経路

飛沫感染(発疹のでる1週間前から発疹が出た後1週間くらいまでの患者さんが感染力があると考えられています。)感染力は、麻しん(はしか)や水痘(水ぼうそう)ほど強くはありません。

  • 現在は成人に多い病気で、特に10代後半~50代前半の男性、10代後半~30代前半の女性が多く発病しています。
  • 特に昭和54年4月2日~平成7年4月1日生まれの男女は接種率が低く、昭和54年4月1日以前生まれの男性は、子どもの頃に定期接種のチャンスがありませんでした。
  • 風しんの予防接種は、はしか(麻しん)も一緒に予防できる麻しん風しん混合(MR)ワクチンで受けることをお勧めします。

予防接種について

女性は、妊娠前に 風しんの予防接種をご検討ください。

  • 接種後2ヵ月は避妊が必要です。

  • 接種回数は、子どもの頃の接種を含め2回です。(母子健康手帳で確認してください)

成人男性は、風しんの予防接種をご検討ください。

  • 風しんにかかったことのない方、風しんワクチンを受けていない方、どちらも不明の方は、接種することをご検討ください。

  • 2回接種しても問題はありません。

妊娠中の女性のご家族は、風しんの予防接種をご検討ください。

  • 妊婦は風しんの予防接種を受けられません。
  • 1歳児(第1期)と、小学校入学前1年間(第2期)は、麻しん風しん混合ワクチンの定期接種を受けましょう。

喜多方市予防接種委託医療機関についてはこちら [Wordファイル/25KB]

 ※なお、指定医療機関は特にありません。上記、喜多方市予防接種委託医療機関以外でも実施可能な医療機関で受けられます。

 ※実施の有無や受付時間及び料金等については、事前に医療機関にお問い合わせの上、受診願います。

 ※抗体検査料金やワクチン接種料金、または抗体検査の方法は、医療機関によって異なります。

市では、先天性風しん症候群予防のための対策の一環として、風しん抗体検査及び抗体価が低い場合の任意予防接種について、公費助成をしています。

 風しん対策助成事業についてはこちら

 

 

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word など、Word 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。


このページの先頭へ