ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > 予防接種 > 子ども・妊婦インフルエンザ予防接種(任意予防接種)費用の一部助成について
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 暮らしのできごと > 子育て > 子ども・妊婦インフルエンザ予防接種(任意予防接種)費用の一部助成について

子ども・妊婦インフルエンザ予防接種(任意予防接種)費用の一部助成について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月27日掲載

 下記に該当する接種希望者へ接種費用の一部助成を行います。

注意点

インフルエンザ予防接種は、接種の義務はありません。自ら接種希望される方が受けるものです。

また、妊娠中の接種に関しては、主治医と相談し予防接種上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ接種となりますのでご注意ください。

対象者

  本市に住民票がある次のいずれかに該当する方。(希望される方のみ。)

  1. 生後6か月から小学6年生相当年齢の方
  2. 中学1年生から中学3年生相当年齢の方
  3. 妊婦の方

助成の実施期間

  平成29年11月1日水曜日から平成30年1月31日水曜日

接種(助成)回数

  1. 生後6か月から小学6年生:2回を限度とします。(※同一医療機関で接種してください。)
  2. 中学1年生から中学3年生:1回を限度とします。
  3. 妊婦:1回を限度とします。

自己負担額

  • 生後6か月から小学6年生:1回につき1,000円
  • 中学1年生から中学3年生:1,000円
  • 妊婦:1,000円  

接種方法

必ず、事前に下記「実施医療機関」へ直接予約をしてください。

※医療機関に、説明書と予診票があります。

実施医療機関

平成29年度実施医療機関はこちら [Wordファイル/87KB]

(注意)上記医療機関以外で接種をした場合、助成を受けることができません。全額自己負担となりますので、ご注意ください。ただし、次に該当する場合は、市が指定する医療機関以外での接種を要した費用の一部を払い戻しを受けることができます。

  • 里帰り出産のため、喜多方市以外に滞在している場合。
  • 上記以外の医療機関で慢性疾患の治療しており、かかりつけ医での接種を必要とする場合。

 ※払い戻しの手続き方法については、下記「その他」の「払い戻しの手続き」をご覧ください。

医療機関に持参するもの

  1. 健康保険証
  2. 母子健康手帳
  3. 自己負担金:1,000円(※自己負担金免除に該当する方で、事前申請があれば不要です。下記「自己負担金の免除について」をご覧ください。)

自己負担金の免除について

下記に該当する方は、自己負担金の費用が免除されます。

  • 生活保護世帯の方
  • 市民税非課税世帯(世帯全員が非課税)に属する方

注意事項

  1. 免除を必要とする方は、接種する前に手続きが必要となります。※下記「手続き方法」をご覧ください。
  2. 接種後に申請をした場合、受付することができません。

手続き方法

生活保護世帯の方

  1. 接種する前に、本庁社会福祉課または総合支所住民課に印鑑を持参し、「生活保護受給証明書」の交付を受けます。
  2. 接種時に医療機関へ「生活保護受給証明書」を提出してください。

市民税非課税世帯に属する方

  1. 接種する前に、保健センターまたは総合支所住民課窓口で申請をします。

(申請時に必要なもの)

  • 印鑑(シャチハタ印でないもの。)
  • 健康保険証
  • インフルエンザ任意予防接種費用自己負担金免除申請書 ※申請書は、窓口にもあります。

インフルエンザ任意予防接種費用自己負担金免除申請書はこちら [PDFファイル/105KB]

  2. 「インフルエンザ任意予防接種負担金免除券」の交付を受けます。

  3. 接種時に医療機関へ「インフルエンザ任意予防接種負担金免除券」を提出します。

その他

  • 世帯員以外の方が申請する場合は、委任状が必要となります。(保健センター、各総合支所住民課窓口にもあります。)

平成29年度子ども・妊婦インフルエンザ予防接種委任状はこちら [PDFファイル/37KB]

  • 平成29年1月2日以降に転入された方は、申請前にお問い合わせください。申請時に個人番号カードまたは通知カード、印鑑が必要になります。

払い戻しの手続き(里帰り出産等やむを得ない事情により、市が指定する医療機関以外での接種を希望する方。)

1.上記「実施医療機関」にて予防接種を受けます。(医療機関の窓口で、全額を支払います。)

2.接種後、保健センターまたは総合支所住民課窓口で手続きをします。(下記を持参してください。)

(持参するもの)

  • 領収書
  • 接種を記載した母子健康手帳
  • 預金通帳(請求者名義)の写し
  • 印鑑(シャチハタ印でないもの。)

3.後日、請求者の預金口座へ下記の金額が振り込まれます。

振込額:医療機関窓口での支払金額-自己負担額(1,000円/回)

受付期間

平成29年11月1日水曜日~平成30年2月28日水曜日

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word など、Word 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。