ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > 健康診断 > 「結核」は過去の病気ではありません!
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > 健康維持 > 「結核」は過去の病気ではありません!

「結核」は過去の病気ではありません!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月7日掲載

国内で毎年約2万人が新たに結核を発症して、毎年約2,000 人が結核で亡くなっています。
2週間以上続くせき、微熱、体重減少などの症状がある場合は、医療機関を受診しましょう。

年に1 度は胸部レントゲン検査を受けましょう

症状がなくても、年に1度の検診が非常に大切です。市で実施している胸部検診(胸部レントゲン検査)は、肺がんと結核の両方の検診を兼ねていますので、65歳以上の人は特に積極的に受診してください。地区の集団検診の他、医療機関での施設検診(指定医療機関に要予約)があります。

 平成29年度集団検診日程表 [PDFファイル/80KB]

 平成29年度施設検診指定医療機関一覧表 [PDFファイル/169KB]

 平成29年度検診一覧 [PDFファイル/879KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)