ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

除害施設

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月14日掲載

除害施設の役割について

 事業所からの排水は、一般家庭からの排水と異なり有害物質や汚水処理に大変負荷がかかる物質が含まれる可能性があります。このため、喜多方市では、事業所の皆さんが下水道に加入する際に除害施設を設置することとしています。

除害施設の種類について

  1. 飲食店は、食用油等を分離するグリストラップを設置します。
  2. 歯科医院は、アマルガム(水銀合金)を分離するプラスタートラップを設置します。
  3. 自動車整備場やガソリンスタンドは、オイルを分離するオイルトラップを設置します。
  4. クリーニング店(水洗い)は、糸くず等を分離するランドリートラップを設置します。
  5. 理容室・美容室は、切った髪の毛を分離するヘアートラップを設置します。

※ドライクリーニング店は、機械や有機溶剤の種類により除害施設の種類等が変更になる場合がありますので、事前に担当課にご相談ください。

除害施設の管理について

 除害施設の設置者が責任を持って管理しなければいけません。除害施設で分離されたものは産業廃棄物となりますので、事業者の方は法令に従い適切に処分してください。