ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

喜多方市小規模事業者活動応援補助金

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月7日掲載

喜多方市小規模事業者活動応援補助金(飲食業、宿泊業、観光業、旅行業向け) 

喜多方市飲食業・観光業等応援事業

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた市内飲食業、宿泊業、観光業、旅行業の事業者の事業継続を応援するための補助金です。

【対象者、補助要件、補助額】

飲食業

対象者

補助要件

補助額

市内で飲食業を営む事業主

次の全てに該当すること。

(1)令和2年4月1日現在、市内において店内に飲食スペースを設けて飲食業を営んでいること

(2)令和2年4月1日現在、常時雇用する従業員が5名以下であること

定額 20万円

宿泊業・旅行業

対象者

補助要件

補助額

市内で宿泊業・旅行業を営む事業主

令和2年4月1日現在、市内において宿泊業(農泊を含む)・旅行業を営んでいること

定額 20万円

観光業

対象者

補助要件

補助額

市内で観光に関する事業を営む事業主

次の全てに該当すること

(1)令和2年4月1日現在、市内において直接観光客に販売等を行う事業を営んでいること

(2)令和2年4月1日現在、常時雇用する従業員が5名以下であること

定額 20万円

飲食業・観光業等関連産業

対象者

補助要件

補助額

市内で飲食業・観光業等に関する事業を営む事業主と商取引等の関連がある事業主

次の全てに該当すること

(1)令和2年4月1日現在、市内において飲食業・観光業等に関連する事業を営む事業主と商取引等の関連がある事業を営んでいること

(2)令和2年4月1日現在、常時雇用する従業員が5名以下であること

(3) 令和2年2月以降のひと月において、売上が前年同月と比較して50%以上減少していること

定額 20万円

体験交流産業

対象者

補助要件

補助額

市内で市外からの観光客等に対して体験活動等のサービスを提供している事業主

次の全てに該当すること

(1)令和2年4月1日現在、市内において市外からの観光客等に対して体験活動等のサービスを提供する事業を営んでいること

(2)令和2年4月1日現在、常時雇用する従業員が5名以下であること

定額 10万円

【必要書類】

・喜多方市小規模事業者活動応援補助金交付申請書

・個人:令和元年分確定申告書(第1表)、白色申告収支内訳書または青色申告収支決算書1、2ページ

・法人:直近の確定申告書(別表1)、法人事業概況説明書

・事業の実態が確認できる書類等(店舗名義の水道の検針票・電気料の領収書等の写し)

・飲食業の方は保健所が発行する営業許可証の写し

・旅行業の方は旅行業登録票の写し

・法人は事業所名義の通帳、個人事業所は事業所または事業主名義の通帳のコピー

【申請書等】

喜多方市小規模事業者活動応援補助金交付要綱 [PDFファイル/222KB]

喜多方市小規模事業者活動応援補助金交付申請書(様式第1号) [Wordファイル/36KB]

喜多方市小規模事業者活動応援補助金交付請求書(様式第2号) [Wordファイル/20KB]

喜多方市店舗等維持補助金

 上記「喜多方市飲食業・観光業等応援事業」に該当する事業者のうち、賃貸借物件において事業を営んでいる事業主に対して店舗等維持するための補助金です。

【対象者、補助要件、補助額】

対象者

補助要件

補助額

上記1 飲食業・観光業等応援事業に該当する事業主

次の全てに該当すること

(1)事業に供する店舗等について、賃貸借契約を締結していること

(2)令和2年2月以降のひと月において、売上が前年同月と比較して20%以上減少していること

※店舗等とは、事業に供する店舗や事務所を言い、倉庫、駐車場等は含まない

定額 10万円

【必要書類】

・喜多方市小規模事業者活動応援補助金交付申請書(様式第1号)

 ※上記、喜多方市飲食業・観光業等応援事業と兼ねる

・賃貸契約書の写し

【申請書等】上記、喜多方市飲食業・観光業等応援事業と兼ねる(同時に申請してください)

申請期限・申請方法

 申請期限は令和2年7月31日です。

 来庁による3密( 密閉・密集・密接)を避けるため、申請は原則として郵送とします。

 必要な書類を揃え、下記に送付してください。

 止むを得ず来庁される場合は、マスクの着用など感染防止対策をお願いします。

 申請書は市役所・各総合支所の窓口に設置します。またホームページからもダウンロードできます。

郵送での申請・問い合わせ

【市役所本庁商工課】  

 〒966-8601(住所記載不要) 喜多方市商工課

 電話:0241-24-5233

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word など、Word 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。