ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

まちなか活性化

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

 まちなか活性化

 喜多方市は「喜多方ラーメン」や「蔵のまち喜多方」など、観光地として全国的に知名度が高く、天地人ブームなどにより年々観光客入込数は増加して います。
 喜多方市の中心商業地であるふれあい通り(仲町商店街/中央通り商店街/しもなん商店街)では、地元利用者が安心・安全に利用できる環境を整えるととも に、観光客にとって魅力的な商店街にしていくため、蔵のあるまち並みを活かす各種事業とともに、福島県の歩車道整備事業等と歩調を合わせ、「蔵のまち」に 相応しい商店街づくりを目指しています。
 ふれあい通りでは、蔵や歴史的景観を活かすことで商店街の魅力向上、活性化につなげるため、平成20年度から6年間の計画で蔵のまちなみ景観を覆ってい るアーケードを撤去し、歩車道整備事業、街路灯設置、ファサード整備等を実施します。
 平成20年度に仲町商店街のアーケード撤去と街路灯設置を実施し、平成22年度には歩車道整備を実施ました。また、中央通り商店街区域のアーケード撤 去、中央通り商店街区域/しもなん商店街区域の街路灯設置事業を実施しました。


ふれあい通り施工前<施工前のふれあい通り>

 

 

 

 

 

ふれあい通り施工後<完成イメージ>
     


震災関連情報

企業データベース<外部リンク>

勤労互助会

ふくしま産業復興投資促進特区