ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

喜多方の特色

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日掲載

「自然」

  • 喜多方市自然の写真喜多方市は、福島県の西北部、会津盆地の北に位置し、北に飯豊連峰の雄大な山並みが連なり、東に磐梯山の頂を望む雄国山麓が裾野を広げ、南に阿賀川、日橋川が流れます。中心部は、盆地のため平坦な地形となっています。
    気候は、盆地特有の内陸性気候で、夏季は高温多湿、冬季は寒冷で豪雪になることもあります。
     

「人口」

  • 人 口  49,128人
    世帯数   16,713 世帯
    (平成28年3月1日現在の現住人口)

 「産業」

  • 農業をはじめ、非鉄金属、繊維、弱電、また良質な水、米をもとにした酒造業や桐材加工、漆器など伝統的な産業が多いです。これらの産業や周辺町村を背景とする商圏は、会津地方では会津若松市に次ぐ第二の商圏を形成しています。

「水」

  • 飯森沢の清澄の写真周辺地域には広大なブナの原生林があり、中でも万年雪を頂く霊峰飯豊山に連なる、会津百名山の一つ飯森山(標高1,585m)から端を発する幾筋もの伏流水が、飯森沢に流れ込んできます。この飯森沢の清澄な流水が喜多方市水道水の水源となっています。

「交通」

 


震災関連情報

企業データベース<外部リンク>

勤労互助会

ふくしま産業復興投資促進特区