ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市民意見公募 > パブリックコメント(事業に対する意見募集) > パブリック・コメント制度 > 喜多方市立小中学校適正規模適正配置基本方針(案)に関する意見募集(パブリックコメント)の実施について

喜多方市では、行政運営の透明性の向上と市民の市政への参加機会の拡充を図り、市民が主人公の公明公正で開かれた市政を実現するため、パブリック・コメント制度を導入することといたしました。

パブリック・コメント制度は、市民生活に広く影響を及ぼす市政の基本的な計画や条例などを立案する過程において、素案の段階で市民の皆様に公表し、その素案に対するご意見を募集し、寄せられたご意見などを考慮しながら最終案を決定するというものです。あわせて、寄せられたご意見などに対する市の考え方を公表いたします。


喜多方市立小中学校適正規模適正配置基本方針(案)に関する意見募集(パブリックコメント)の実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月12日掲載

人口減少や少子化などの影響により、全国的に児童生徒数が減少しています。

本市においても平成18年度と今年度を比較すると、小中学校の児童生徒は約千七百人減少(34%減)し、二つの学年が一つの学級となる複式学級が五つの小学校で出現するなど、学校の小規模化が進行しており、この傾向は今後も続くものと予測されます。

これまでの児童生徒数の推移今後の児童生徒数の推計

小中学校の現状

このような状況の中、市教育委員会では全ての子どもたちの「生きる力」を育むため、子どもたちのより良い学習環境を整備する観点から、アンケート調査や保護者・地域住民の皆さんとの意見交換会などを行いながら、本市にとってより望ましい学校の規模と配置について、全市的な視野で検討をしています。

これまでのアンケートや意見交換会の結果等を参考に、本市にとって望ましい学校の規模や配置に向けた基本的な考え方や進め方などを整理し、保護者や行政区長の代表、学識経験者等により構成する小中学校適正規模適正配置審議会での審議を経て、「小中学校適正規模適正配置基本方針(案)」をとりまとめました。

現在、下記のとおり、その基本方針(案)を公表し、パブリック・コメントとして市民の皆様からのご意見を募集しています。

なお、この基本方針を決定した後、具体的な取組となる実施計画の案を作成し、次年度以降に地域住民の皆様との話し合いを行っていく予定です。

 

募集期間

 7月12日(金曜日)~8月13日(火曜日)

公表場所

  1. 市ホームページによる閲覧
  2. 教育部学校教育課(市役所本庁舎3階)および各総合支所住民課での閲覧
  3. 各公民館、各小中学校および私立を含む各こども園等
    ※2については、土・日曜日、祝日を除く午前8時30分から午後5時15分まで

応募資格

  1. 市内に住所を有する方
  2. 市内に事務所または事業所を有する個人および法人その他の団体
  3. 市内にある事務所または事業所に勤務する方
  4. 市内にある学校に在学する方
  5. この事案に利害関係を有する個人および法人その他の団体

提出方法 

備え付けの意見提出用紙 [Wordファイル/38KB]に、必要事項を記載の上、次のいずれかの方法により提出してください。
必要事項の記載があれば、任意の様式で提出することもできます。                                                    

なお、匿名や電話による意見は受け付けることができません。

  1. 持参による場合
    教育部学校教育課(市役所本庁舎3階)または各総合支所住民課に提出
    (土・日曜日、祝日を除く午前8時30分~午後5時15分)
  2. 郵送による場合
    〒966-8601 (住所記載不要)喜多方市役所教育部学校教育課宛て
  3. ファックスによる場合
    0241-25-7073 教育部学校教育課宛て
  4. 電子メールによる場合
    こちらの専用メールフォームから

募集した意見の取り扱い 

基本方針の最終案作成にあたっての検討資料とします。 

意見に対する検討結果は、住所、氏名などの個人情報を除き公表します。なお、提出者に対して個別の回答は行いませんので、ご了承ください。                                                                        

意見や個人情報は目的以外には使用しません。

公表資料

 喜多方市立小中学校適正規模適正配置基本方針(案) [PDFファイル/600KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word など、Word 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。


このページの先頭へ