ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政への参加 > 市への提言・提案 > 市長室 > 市民と市長の談話室 平成28年10月24日開催分

市民と市長の談話室 平成28年10月24日開催分

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月1日掲載

10月24日(市長公室)開催の「市民と市長の談話室」の主な内容

個人(男性1人)

市街地の水路の水質向上について

<市民>市役所の東側などを流れる水路に、大量の油脂が浮いている時がありました。蔵やラーメンなどと同様にきれいな水も市の魅力なので残念に思います。市ではどのような対策を取られたのですか。

<市長>浮遊物はすぐに回収し、水系上流の各世帯へ水質汚染防止協力の依頼文書を至急配付しました。併せて、飲食店へも、業務用厨房などに設置が義務付けられているグリーストラップの清掃や適正管理を依頼しました。
 幸いにも河川への被害は確認されておりません。今後、原因究明を行ってまいります。

日中線跡地のしだれ桜並木について

<市民>以前、日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜を剪定したのはどのような理由からですか。また、周辺の草を刈ったまま置いておけば、肥料として有効活用できるのではないですか。

<市長>平成17年度に専門家からの指導を受け、枝よりも幹に栄養を行き渡らせるよう大規模剪定を行いました。刈り取った草を有機肥料にするには専用の施設整備が必要となります。また散らばってしまう心配もあるため搬出していますが、立派なしだれ桜を維持できるよう、毎年、専門家に相談しながら施肥を行っています。