ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政への参加 > 市への提言・提案 > 市長室 > 市民と市長の談話室 平成28年5月13日開催分

市民と市長の談話室 平成28年5月13日開催分

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月30日掲載

5月13日(市長公室)開催の「市民と市長の談話室」の主な内容

個人(女性1人)

旧市役所前に設置してあった看板について

<市民>古い庁舎の頃は、「市民にも訪れる人にも心やさしいまちづくり」などと書かれた大きな看板が設置してありました。馴染の看板が無くなり何だか淋しく感じておりますが、今後、看板を設置する予定はないのですか。

<市長>新庁舎を建設する際、いろいろなご意見を伺いましたが、駐車場が狭いという問題をクリアするために撤去せざるを得なかったところであります。以前は80台しか駐車できませんでしたが、現在は120台駐車することができ、苦情も来ておりません。看板や池は撤去してしまいましたが、ナツツバキやドウダンツツジの植え込みを行うなど、喜多方らしい景観に配慮しております。また、市民ホールの入り口には大型ポットの花壇を設置し、花でもてなす喜多方にも力を注いでおります。

<市民>警察署にも同様の看板がありますが、ああいった看板があると市役所らしく感じます。

<市長>今後においても設置しない訳ではありません。景観などの問題も出てくるので設置にあたっては賛同を得る事が重要であると考えますが、必要であれば設置していく考えでありますので、ご理解をいただきたいと思います。

<市民>わかりました。

 

職員の方はお客様の様子に気付いて欲しい

<市民>職員の方はパソコンにばかり向かっていないで、市民との会話を持っていただきたいと思います。以前、私の知り合いが窓口の長椅子に腰かけていたところ、20分経ってようやく声を掛けられたと言っていました。

<市長>最大の努力をしてまいります。ただし、気付かない場合もありますので、お客様の方から声をかけていただく事もお願いしたいと思います。

<市民>夜、遅くまで電気が付いているようですが、どのような仕事をしているのですか。

<市長>役所の仕事は日中の仕事ばかりではありません。例えば保健師などは、日中、集落等へ出向くため、夜、残業をせざるを得ないこともあります。職員も最大の努力をしておりますので、ご理解をいただきたいと思います。

<市民>わかりました。