ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政への参加 > 市への提言・提案 > 市長室 > 市民と市長の談話室 平成28年3月24日開催分

市民と市長の談話室 平成28年3月24日開催分

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月27日掲載

3月24日(市長公室)開催の「市民と市長の談話室」の主な内容

個人(男性1人)

プレミアム商品券を利用できる事業所について

<市民>プレミアム商品券を利用し、私は大変助かったが、金銭的に裕福な方にとっては有利な制度だ、と言う方もおられ、賛成する方ばかりではないようだ。農家にとっては、農具類を購入する際に利用できれば大変有り難いので、農協にある機械センターの方だけでも 加入いただくことはできないか。

<市長>誤解していただきたくないのは、プレミアム商品券の制度は裕福な方にとって有利な制度という事ではない。むしろその反対である。農協での利用については、農協組合員に限らず広く一般市民でも利用できるよう、ガソリンスタンドを扱う事業所にのみ、加入いただいたところである。この件については検討させていただくが、プレミアム商品券制度の本来の趣旨について誤解の無いよう、周囲の方へお伝え願いたい。

<市民>わかりました。

 

マイマイガ対策における防犯灯の消灯について

<市民>マイマイガ対策として、昨年、防犯灯の消灯を実施していただき大変助かった。今年も全く発生しない訳ではないと思っているので、対策をお願いしたい。

<市長>昨年は一昨年の教訓を生かし、行政区への薬剤配布対応など、幼虫のうちからの速やかな対策を行った。発生しなかったのは、防犯灯の消灯効果という訳ではなく、全体的に少なかったためであろう。

<市民>今年も発生すると思っている方も中にはおられるようなので、早めに広報紙へ掲載願いたい。

<市長>わかりました。早めの散布で死滅させることが出来るので、幼虫を見つけたら速やかに本庁または支所の方へご連絡をいただきたい。発生しないうちから万全の対策を取るのでご安心をいただきたい。

<市民>わかりました。