ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政への参加 > 市への提言・提案 > 市長室 > 令和3年4月27日開催分(市長公室)の主な内容

令和3年4月27日開催分(市長公室)の主な内容

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月30日掲載

1 個人

⑴ 市道赤崎・上三宮線工事の進捗状況について

〈市 民〉 約6年前に着工した市道赤崎・上三宮線の工事についてだが、当初は5年計画で工事を進める予定だったが、いろいろな事情があり延び延びになっている。松原地区に反対者がいるためか、あるいは、市の予算が逼迫しているため遅れているのか、遅れている理由と今後の進め方を伺いたい。

〈市 長〉 平成23年の大震災の時、事業に着手し、平成25年から用地買収で現場に入った。同意がいただけない土地がありそれが解決すれば事業の進捗は図られると思う。

 今後、開発の余地もあり、家もところどころ建っているので、早めにやりたいと思っている。途中で工事が止まっており、急に狭くなったり、広くなったりしている箇所もあるので、事故が起きたら大変だ。重要路線であることには間違いないので、用地が確保できれば、令和9年を目標にしており、緊急性、用地等、クリアできるものについては優先的に進めてまいりたい。

 こことは別に買収が済んでいない用地が2か所ある。1か所は、今、手続き中だが、相続人が多数いる関係で時間が掛かっている。さらに、もう1か所は、NTTの特殊ケーブルがあり、NTTとの協議が必要となる。この3か所の関係で工事が遅れているが、道路の開通効果があれば、14tの大型トラックも通行でき、三金パーライトも含め、あの周辺は良くなると思う。

〈市 民〉  我々、地区の者は、あの道路を良くしてもらいたいという思いで、用地買収に応じた。予算の関係もあると思うが、そういう意向も酌んでいただき、できる部分から少しずつ工事を進めてほしい。この路線は、パーライトの方や、上三宮方面から上ってくる方など、また、願成寺もあり通行量が多い。

〈市 長〉 元県道に出るよりも、この路線の方が早いので、通行量も多い。用地を提供いただいた方もいるので、少しずつでも工事をやれるようにしたい。

 この路線は、重要な幹線道路に位置付けされているので、用地等の関係をクリアしながら、市としても粘り強く事業進捗のために努めてまいりたい。相続の件は、少しずつ進めている。

〈市 民〉  市役所が相当骨を折っていることは分かっているが、ぜひよろしくお願いしたい。

〈市 長〉 狭い部分は、100m近くある。皆さんに用地を提供していただいて何年も工事をやらないでは、何のために用地を提供したのかということになる。また、議会でも地元議員から、通行量が多くなっており、通行上、危険だということで指摘を頂いている。今回の件は、いろいろな変化があれば、区長さんを通して、逐一連絡させていただく。


このページの先頭へ