ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市長室から > 市長室へようこそ > 市長室 > 2019年3月28日 「第一保育所閉所式」

2019年3月28日 「第一保育所閉所式」

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月18日掲載

 本日ここに、喜多方市第一保育所閉所式を挙行するにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。
 ご来賓の皆様方には、年度末の何かとご多用のところ、ご臨席を賜り厚く御礼を申し上げます。 
 さて、喜多方市第一保育所は、昭和25年2月15日、喜多方市字水上に設立し、同月の25日より定員45名でスタートいたしました。
 当時は戦後の間もない時期ということで、ひとり親家庭や失業などにより生活が困窮しており、母子寮も併設され、保育所と廊下で繋がっておりました。
 昭和49年には建物の老朽化に伴い、現在の場所に新築移転され、昭和52年7月には乳児室を増設し、0歳児の受け入れが始まりました。
 このような長い歴史を持つ第一保育所ではありますが、社会情勢の変化や国の施策など、本市を取り巻く状況を踏まえ、市全体で今後の保育所と幼稚園の在り方を検討した結果、平成31年3月をもってその役目を終え、69年の歴史に幕を下すこととなりました。
 第一保育所は今日までたくさんの児童を送り出してきましたが、これまで保育所として運営を全うすることが出来ましたのも、保護者の皆様、関係機関並びに地域の皆様のご支援の賜物であり、深く感謝を申し上げる次第であります。
 喜多方地区における子育ての拠点としてこれまで果たしてきた第一保育所の役割は大変大きなものがあり、閉所は誠に残念ではありますが、時代の変化を踏まえ、本市の子育て環境および幼児教育・保育の一層の充実に向けた新たな段階に踏み出すためのものであります。
 今後とも本市の重要施策である子育て支援を、さらに推進してまいりたいと考えておりますので、皆様の一層のご理解とご支援をお願い申し上げます。
 結びに、お子様の今後の健やかな成長と、本日ご臨席の皆様方のご健勝とご多幸を心よりご祈念申し上げまして、挨拶といたします。

 


このページの先頭へ