ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市長室から > 市長室へようこそ > 市長室 > 2019年2月13日 「喜多方市生活支援支え合い連携会議」

2019年2月13日 「喜多方市生活支援支え合い連携会議」

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月18日掲載

 喜多方市生活支援支え合い連携会議を開催するにあたり一言ご挨拶を申し上げます。
皆様方には、日頃より本市の保健福祉行政の推進に多大なるご理解ご協力を賜り、この場をお借りいたしまして、心より感謝申し上げます。
 また、只今、喜多方市生活支援支え合い連携会議委員の委嘱を申し上げましたところ、快くお受けいただきまして、厚く御礼申し上げます。
 さて、本市は、高齢化率が県内13市の中で最も高く、高齢者のみの世帯の増加や認知症高齢者の増加など高齢者を取り巻く環境が年々、多様化、複雑化しております。
 そのような中、昨年3月に第7期介護保険事業計画を策定し、介護予防・生活支援の基盤整備や、高齢者のいきがいづくりの推進につきましても掲げているところであります。
 支援を必要とする高齢者には、介護保険サービスや在宅福祉サービスを上手に利用しながら、在宅で安心して生活していただき、住民それぞれが介護予防の取り組みを意識していただく一方で、住民同士による地域での支え合い、助け合いの取り組みを再認識、再確認していく必要があります。
 そのため、地域の情報交換や情報の共有、連携、協働による体制整備を推進するため、第2層となる生活支援支え合い会議が昨年8月に熊倉地区と熱塩加納地区において設立され、地域の資源や課題などについて、話し合いが行われているところであります。
 本日の第1層生活支援支え合い連携会議は、各地区における取組状況を共有し、市内全体の生活支援体制の構築と充実について、協議、検討していただく場としているところであますので、それぞれの視点からの忌憚のないご意見をお願いいたします。
 結びに委員の皆様のご健勝、ご活躍を心からご祈念申し上げ、挨拶といたします。

 


このページの先頭へ