ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市長室から > 市長室へようこそ > 市長室 > 2018年11月12日 「花でもてなす喜多方」花いっぱいコンクール表彰式

2018年11月12日 「花でもてなす喜多方」花いっぱいコンクール表彰式

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月30日掲載

 平成30年度「花でもてなす喜多方」花いっぱいコンクール表彰式の開催にあたり、一言ごあいさつを申し上げます。
 日頃より皆様には、花と緑のあるまちづくりの推進に多大なるお力添えを賜り、心から厚く御礼を申し上げます。
 また、本日晴れて受賞の栄誉に浴する皆様には、心よりお祝いを申し上げます。
 ご承知のとおり、花や緑は、環境美化や地域づくりだけでなく、人々に心の潤いや安らぎを与え、健康・福祉の向上等、その効果が期待されております。 
 こうした中、市におきましては、喜多方を訪ねる方々に、蔵やラーメン等に加え、花でも楽しんでいただくため、「花でもてなす喜多方」をキャッチフレーズに、市民参加による花壇づくりへの支援を行うとともに、今年、約15万9千人の観光客が訪れた日中線自転車歩行者道のしだれ桜並木をはじめ、東北最大級の規模を誇る三ノ倉高原ひまわり畑など、四季折々の花々を活用した花によるおもてなしを積極的に推進しており、現在では福島県を代表する花の観光地となっております。本コンクールもその一環として開催しているものであり、今年度は、34件の応募をいただきました。特に今年は、夏の猛暑や雨が少なかったことによる水不足の影響で、花壇の手入れには大変ご苦労されたものと思いますが、皆様が丹精込めて育てていただいた花々が綺麗な花を咲かせ、本市を訪れた観光客や行き交う市民の皆様の心を和ませてくださいました。皆様のご努力に深く感謝を申し上げます。
 また、花とみどりのまちづくり推進会議の役員の皆様方には、事業推進にご尽力賜りますとともに、ご多忙の中、本コンクールの審査を行っていただき、大変ありがとうございました。どの花壇も甲乙付け難く、審査員の方々を悩ませたと伺っております。今後とも引き続き、本事業の推進、発展にご協力賜りますようお願い申し上げます。
 結びに、本日、受賞されます皆様には、この栄誉を契機といたしまして、花でもてなす喜多方の輪をさらに広げていくことに尚一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、本日ご出席の皆様のご健勝を心よりご祈念いたしまして、あいさつといたします。
 本日はおめでとうございます。


このページの先頭へ