ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政への参加 > 市への提言・提案 > 市長室 > 平成30年8月28日開催分(市長公室)の主な内容

平成30年8月28日開催分(市長公室)の主な内容

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月1日掲載

個人

10年後20年後の喜多方

〈市民〉現在、小中学校の適正規模・適正配置の議論が行われていますが、国家百年の計として、100年後を見据えて考える必要があると思います。
日本全体の人口減少が始まっていますので、移民制度の確立や語学教育、また道徳教育によって日本人とは何かの確立が重要です。
自分だけでなく、地域のため、国のためということを考える人づくりに取り組んでほしいと思います

〈市長〉日本があって喜多方があり、喜多方があって日本があるという視点で、私は考えています。
喜多方にも都市部にはない魅力がありますが、子どもたちは都市部へ出て行ってしまい、地域格差が広がる現状にあります。
喜多方もその最前線にいますので、地域の方々などいろんな方とお話ししながら、知恵を出し合って進めていきたいと思っています

個人

テニスコートの整備等

〈市民〉生涯教育としてテニスをやっていますが、熱塩加納には4コートしかなくて、持ち回りの大会が開けません。
4コートの増設をお願いします。
また、屋根を付けてほしいと思います。市民の健康増進にも役立ちますし、合宿で訪れる学生のさらなる誘致にもつながります。
予算が課題だと思いますが、クラウドファンディングなどで私たち愛好家も資金調達に取り組みます。

〈市長〉近隣自治体には設備が整っているところがありますので、自治体ごとに完結する施設を造るのではなく、競技によって持ち回りでできるようなシステムをつくることが大事だろうと思います。
ただ、街中で気軽にスポーツができるというのはいいことですので、今後検討していきたいと思います。

個人

オリンピックでの「君が代」の雅楽化

〈市民〉2020年の東京のオリンピック・パラリンピックで日本の国歌を開会式や閉会式、表彰式で日本古来の和楽器、雅楽を使った曲にしてほしいと思います。
東京芸大の邦楽科を出ている狂言師の野村萬斎さんが開会式・閉会式のプロデューサーになったということで、期待をしています。

〈市長〉国の一大イベントですから、政府としても、大会事務局としても貴重な意見だと思います。
表彰式は、他の国歌もありますから難しいかもしれませんが、開会式などではすでにそういう演出を考えているかもしれません。
国民の皆さんからそういう要望があるということは伝えたいと思います。


このページの先頭へ