ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

寡婦(寡夫)控除のみなし適用について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月1日掲載

「寡婦(寡夫)控除のみなし適用」を実施します

 税法上の寡婦(夫)控除が適用されない婚姻歴のないひとり親家庭の子育てを支援するため、寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します。

対象者

 婚姻歴のないひとり親家庭の方で、20歳未満の子を扶養し、税法上の寡婦控除が適用されない方。(事実上、婚姻関係と同様の事情にある場合は対象となりません。

 

対象となる事業 

寡婦(寡夫)控除みなし適用対象事業
特定教育・保育施設および特定地域型保育事業等の利用者負担額(保育施設に係る保育料) [PDFファイル/58KB]
自立支援教育訓練給付金事業
高等技能訓練促進費等給付金事業

※平成30年9月から適用します。なお、住民税の課税状況によっては、みなし適用を実施した場合でも保育料等が変わらないことがあります。

申請方法

 申請される方は、以下の申請書類をこども課子育て支援班(本庁舎1階)または、最寄りの総合支所住民課市民サービス班へ提出してください。
 なお、郵送等によるお申し込みは受け付けることができませんので、予めご了承ください。
 申請書は下記からダウンロードするか、こども課または各総合支所住民課でお受け取りください。

申請書類様式
寡婦(寡夫)控除みなし適用申請書類
喜多方市寡婦(寡夫)控除みなし適用申請書寡婦(寡夫)控除みなし適用申請書 [Wordファイル/19KB]

(添付書類)
申請者・子の戸籍謄本、世帯全員の住民票の写し、世帯全員の所得課税証明書、児童扶養手当証書

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word など、Word 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。