ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > 子育て支援 > きたかた子育て支援サイト > 平成26年12月1日より児童扶養手当と公的年金との併給ができるようになります
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 暮らしのできごと > 子育て > きたかた子育て支援サイト > 平成26年12月1日より児童扶養手当と公的年金との併給ができるようになります
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > ひとり親家庭 > きたかた子育て支援サイト > 平成26年12月1日より児童扶養手当と公的年金との併給ができるようになります

平成26年12月1日より児童扶養手当と公的年金との併給ができるようになります

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

 平成26年12月1日から「児童扶養手当法」の一部が改正されます。
 これまで、公的年金(遺族・障がい・老齢・労災年金・遺族補償など)を受給する方は、児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになります。
 手当を受けるためには、社会福祉課または各総合支所住民課へ申請が必要です。
今回の改正により新たに手当を受け取れる場合

  • お子さんを養育している祖父母等が、低額の老齢年金を受給している場合
  • 父子家庭で、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合
  • 母子家庭で、離婚後に父が死亡し、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合  など

〈参考:児童扶養手当の月額〉平成26年4月~

  • 子ども1人の場合
      全部支給:41,020円
      一部支給:41,010円~9,680円(所得に応じて決定されます)
  • 子ども2人以上の加算額
      2人目:5,000円、3人目以降1人につき3,000円

 手当は、申請の翌月分から支給開始となります。ただし、これまで公的年金を受給していたことにより児童扶養手当を受給できなかった方のうち、平成26年12月1日に支給要件を満たしている方が、平成27年3月までに申請した場合は、平成26年12月分の手当から受給できます。

児童扶養手当法改正のQ&A

Q1:児童扶養手当とは何ですか
A:離婚によるひとり親家庭などの生活の安定・自立促進に寄与することにより、その家庭において養育されている子どもの福祉増進のために支給される手当です。(詳しくは、児童扶養手当のページをご覧ください)

Q2:申請の案内や書類は市役所から送られてくるのですか
A:送られてくることはありません。
  市では、今回の改正で新たに差額分の手当の支給対象となる方を把握していませんので、それぞれのご家庭に手続きのご案内をすることができません。

Q3:手当の最初の支払いはいつですか
A:児童扶養手当の支払いは、毎年4月、8月、12月に、その前月までの分が支払われるため、最初の支払いは平成27年4月になります。