ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > 高齢者 > 新型コロナウイルス感染症情報 > 「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気をつけたいポイント

「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気をつけたいポイント

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月8日掲載

 新型コロナウイルス感染症予防のため、各種イベント等が中止になっています。
 高齢者は感染症が重症化しやすいといわれていますので、手洗いを中心とする感染予防を心がけましょう。
 また、外出を自粛し自宅で過ごす時間が多くなると「動かないこと(生活不活発)」による健康への影響が危惧されます。
 自粛生活の中で高齢者として気をつけたいポイントをご紹介しますので、皆さんの健康維持にお役立てください。

「動かない」でいると「動けなくなる」

 「動かない」(生活不活発)状態が続くことにより、心身の機能が低下して「動けなくなる」ことを「生活不活発病」といいます。
 生活不活発病がおきると、歩くことなどが難しくなったり疲れやすくなったりして「動きにくく」なり、「動かない」ことでますます生活不活発病はすすんでいきます。
 生活不活発病がすすむと虚弱(フレイル)となり、体の抵抗力が低下し、感染症も重症化しやすい傾向になります。
 特に高齢者の方や持病のある方は悪循環となりやすく、早めに予防することが大切です。

「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気をつけたいポイント [PDFファイル/895KB]

予防のポイント

 毎日の生活の中で「動くこと」を意識しましょう。 

「動かない」でいると「動けなくなる」 [PDFファイル/463KB]

 人が多く集まる場所への外出を控えることは大切ですが、3つの密(密閉空間・密集場所・密接場面)を避け、天気の良い日に公園など開放的な場所で散歩をするなど、生活不活発病にならない工夫も必要です。

 家でできることを考えるために、平成30年6月に全戸配布した「今日からはじめる介護予防」の活用もオススメします。
 「今日からはじめる介護予防」の冊子は高齢福祉課・各総合支所住民課にもおいてあります。

わくわく!いきいき!高齢者!<号外> [PDFファイル/758KB]

表紙 

【冊子の内容】筋力トレーニング、低栄養予防、口腔ケア、閉じこもり・うつ予防、

認知症予防、市で実施している介護予防事業

 

こんなこともしてみましょう!

○喜多方市オリジナル「太極拳ゆったり体操」

 いすに座ったままできる体操です。リーフレットを見ながら体操してみましょう。 *DVD付テキストも販売しています。

 太極拳ゆったり体操 動画配信ページ

 太極拳ゆったり体操 紹介ページ(テキスト販売案内)

 太極拳ゆったり体操 短縮版 リーフレット [PDFファイル/1.25MB]

○友達や家族と電話で話をするのも良い方法です。

○手洗い、うがい、咳エチケットをしましょう。

 簡単手作りマスクの作り方と布マスクの洗い方 [PDFファイル/528KB]

 

 おうち時間を楽しく健康にすごすヒント

 東京大学高齢社会総合研究機構がシニアのためのおうち時間を楽しく健康にすごす知恵をまとめています。
 「おうちえ」を活用して、今できることに取り組みおうち時間を楽しく健康にすごす工夫を考えてみませんか? 

「おうちえ」表紙

 

 

 

QRコード

 

 

 

 

 

 

 

東京大学高齢社会総合研究機構ホームページはこちら<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページの先頭へ